本文へスキップ

JAPAN PETANQUE BOULES FEDERATION

ペタンクの概要・歴史HISTORY

ボールスポーツの歴史

 有史以前の人々は石などの物体を投げ、獲物や敵に命中させる技を子どもの頃から身につけたと言われています。自己防衛や食料を確保するなど、生きるためには、物を正確に投げる術を覚えなければなりませんでした。この投げる動作の中には、力量、技術、身体を伸ばす動作や集中力といった、ボール競技に必要な条件が全て含まれていたわけです。投げるという動作は、元来戦闘的な行為だったのです。
 ずっと後になり、人間は石を研くことを知り、握ったり転がしたりしやすくするために石を丸くするようになりました。こうしてボール競技に必要な「投げる」「転がす」という基本的な動作を覚えたのです。そして、球形の石を転がして標的に近づけ、相手の近い球をぶつけて弾き飛ばすというゲームが発明されました。単純で自然な動作の組み合わせでボール競技が誕生したのです。ボール競技の原型ができたのは、紀元前10世紀頃と推定されています。
 古代ギリシャでは、スファエラ(球形の意)と呼ばれる球技がおこなわれていたことは文献で明らかになっており、古代ローマでもカラカラ寺院には、今のボール球技と同じようにボールを投げている人々、ポイントを測定している人のフレスコ画が残っています。さらに中世になるとボール競技があまりにも盛んになり過ぎたため、フランス国王シャルル5世が、「ボール競技に興じる暇があるなら、弓矢の訓練をして戦時に備えよ」とボール競技の禁止令を出したほどです。
 ボール競技は何世紀にもわたってヨーロッパの人々の間で親しまれてきたわけですが、物理学者のアンペア、思想家のラブレー、デイドロ、スペインの画家であるゴヤなど後生に名を残した天才達もボール競技をこよなく愛したことは有名な語りぐさとなっています。
 このボール競技は、いつしか「ブール」と呼ばれるようになりました。ブールと言えば、一般的にはスポール・ブール(フランス語)、ボッチャ(イタリア語)を指しますが、広義では「ペタンク」、「プロヴァンサル」、「ラッファ」、「ローンボール」などもブールが変形した競技とみなされています。
ブールの風景

ペタンクの歴史

 ペタンクは、1910年に南フランスの港町ラ・シオタで生まれたボールスポーツです。プロヴァンサルという助走をつけて投球するゲームが、全員が同じ場所から投球するようになりピエタンケ(「両足を揃える」の意)からペタンクになったと言われています。発祥国フランスでは500万人以上がプレーを楽しんでおり、その内40万人がペタンクのライセンスを持ち様々な大会に参加しています。
 ペタンクが親しまれる理由は、どこでもほんの少しのスペースで気軽にプレーできるところにあります。ゲームではたった1球で形勢を有利にしたり、大量得点をとったりするところに面白さがありますが、そのためには集中力を必要とし、巧妙な戦略や高度な技術を身に付けなければなりません。思い通りの投球ができたり作戦が的中した時には、この上ない爽快感があるものです。
旧ラ・シオタの看板     新ラ・シオタの看板
ラシオタに設置されているプレートは何度かにわたり張り替えられ、現在は上記のプレートが設置されている。これには「1910年6月この球技場でペタンクを創始した。」とラシオタ市長名で書かれている。
123

参考〜ペタンク100年(発祥は1907年? 1910年?)

日本におけるペタンクの歴史

1970年 日本で最初のペタンク普及団体「日本ボンボール協会」設立。デパートやボウリング場でデモンストレーションを行う。
1971年 日本レクリエーション協会の職域ニュースポーツセミナーに参画。国際ペタンク連盟に加盟。
ボンボール(ペタンク)クラブ第1号が福生市に誕生。
1977年 日本ボッチャ連盟として国際ペタンク連盟に再加盟。
日本ボールカロッティ協会として普及活動を継続。
1983年 日本ペタンク協会と名称を変更。
1985年 指導員制度を導入。
1986年 第1回日本ペタンク選手権大会を山梨県石和町で開催。
1988年 第1回ねんりんピックペタンク交流大会後援。
1989年 ラ・マルセイエーズ国際ペタンク大会に参加を開始。
1991年 フランス選手の招請開始。協会機関誌第1号を発刊。
1996年 第1回ペタンクジャパンオープンを千葉県成田市で開催。
1997年 財団法人日本レクリエーション協会に加盟。
審判員制度を導入。
ミヨー国際ペタンク大会に参加を開始。
2000年 主要大会を日本ペタンク協会公認大会として指定。
協会設立30周年記念「インターナショナルペタンク大会」を開催。
2001年 東日本・西日本協会対抗ペタンク選手権大会を開催。
2002年 第1回全国シニアペタンク大会を開催。
2003年 ランキング制度を開始、優秀選手を表彰。
2004年 財団法人日本スポーツクラブ協会に加盟。
2008年 特定非営利活動法人(NPO法人)を組織。
2009年 財団法人日本アンチ・ドーピング機構に加盟。
2010年 一般社団法人日本ペタンク・ブール協会設立。
2011年 内閣府より公益認定を受け「公益社団法人 日本ペタンク・ブール協会」となる。
2014年 一般財団法人日本ペタンク・ブール連合と合併し「公益社団法人日本ペタンク・ブール連盟」と名称変更。
公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)の承認団体。
2015年 公益財団法人日本体育協会へ加盟。
2017年 第22回ペタンクジャパンオープンを京都府福知山市で開催。
第32回日本ペタンク選手権大会を兵庫県宝塚市で開催。

公益社団法人 日本ペタンク・ブール連盟

〒113-0033
東京都文京区本郷2丁目4-1 倉田ビル102

TEL 03-3868-2480 FAX 03-3868-2410
定休日:土・日・祝日・火曜日



inserted by FC2 system